【オーストラリアハーフランド 0日目 倶知安タウンにさよならバイバイ】

【オーストラリアハーフランド 0日目 倶知安タウンにさよならバイバイ】

2019年1月10日 1 投稿者: Takuya M

2018年の11月頭から12月頭にかけてオーストラリアを旅行していた。これから数週間に亘って、私がした旅の記録をここに残しておこうと思う。インスタグラムやツイッターでは投稿が断片的すぎて、旅の全容がつかめないため、このような場で語らせていただくことにする。海外旅行をしてみたい方や、暇つぶしにブログを読みたい方なんかには有意義な記事となるはずなので、コーヒーを片手にでも読んでいただけると嬉しい。なにせ、私の文章は濃くてながったらしいようだ(友人談)。

それでは、時計の針を2018年の10月に戻そう。

【オーストラリアハーフラウンド 0日目】

退職の手続きを済ませた私は、少しばかりのお小遣いを貰った夏休みの小学生のような気分だった。長い期間ではないものの、真面目に働いていたので少しではあるがお金は溜まっていたし、無期限の休みがあった(再就職のあてはないが)。辞める前から海外旅行には興味があったので、とりあえず航空券を予約することにした。

渡航先を選ぶ要因としては、優先度順に、

1.楽しそうなこと

2.英語圏であること

3.合計金額が安く済みそうなこと

の3つほどであった。1の理由から、近場のアジア圏は却下した。アジア圏なら3連休ほどあればどこ国でも行けてしまうし、文化が非常に似通っている(特に韓国や台湾は殆ど同じだと聞く)ため、今回は行かないことにした。次に、2の理由でかなり絞り込んだ。英語圏と言えば、アジア圏の英語を話す国を除けば、USA、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダくらいしかない。そして、3の理由で物価、航空券が比較的安いオーストラリアを選んだ。はっきり言って、目当ての観光地は無かった。

10月の退職後、iphoneのスカイスキャナーアプリで航空券を予約した。電話番号やメールアドレスなどのプロフィールを作成しておけば、10分ほどで作業が終わり、こんなに簡単に予約できちゃうの?と思ってしまうくらいの労力で予約が完了する。フライトは11月2日に新千歳を発ち、成田経由で翌日の早朝にオーストラリアの玄関口、ケアンズに到着する便だった。便を確定させた後はブッキングコムを利用して1週間分ほどのホステルを予約した。殆どの工程で、一泊の目安は日本円にして2000円ほどで宿は取っていた。イギリスでバックパッカー旅行をした時よりは少し安いくらいだろうか。たまに朝食付きのホステルもあるのでありがたい。

次に、最も重要なオーストラリアを回るときに使う交通手段の予約をした。調べてみると、オーストラリアのほぼ全土(主要都市で言えばパース以外)をカバーしているグレイハウンドバスが最も安そうだった。一定期間中、グレイハンドが運航するバスに乗り放題のパスチケット(whimitpass。おそらく、without limitからつくられた造語。)が約2万~という価格で買える。私は観光もして、現地でいろいろ遊ぶ予定だったので、約4万5000円ほどだった60日間のパスをネット上で購入した。バスの中で寝れば宿泊費もかなり浮くし、何より私は陸に魂を縛られたオールドタイプなので、陸路での移動というものが非常に魅力的だった。かくして、現地のインフラ的な要素は殆どスマホ上で抑えた。

スマホ上で可能な旅の準備を終え、次はハード面での準備に取り掛かった。持って行った荷物を次に示す。画像や説明はこちらの投稿で確認されたし。

View this post on Instagram

バックパッカー装備紹介シリーズ第4弾、「その他編」。ここで紹介されている他に旅行で使える便利アイテムなんかあれば是非教えてください。また、これはどこで入手できるの?なんて質問も大歓迎です😉 あなたの快適なバックパッキングライフを応援します。 19. 速乾タオル 価格:1000円程度 絞っただけでほぼ乾くという魔法のエピックアイテム。あると便利レベルだけど、本当に便利なのでもって言って欲しいアイテム。マジで便利。 20. 快眠セット 価格:200円 100均の安っぽいアイマスクと、空気で膨らませるタイプのネックピロー。綿が入っているネックピローはかさばって仕方ないので携帯不可。飛行機の上でもバス移動でも重宝する重要アイテム。人によっては耳栓も必要かも。 21. 洗顔・シャワーセット シェーバー、ボディソープ、シャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉。なくても現地で揃えられるが、パナソニックのシェーバーと日本の柔らかいブラシの歯ブラシが好きなので必ず買っていきます。清潔感がどうでもいいケイブマンならいらないかもしれないけど… 手荷物で持ち運ぶなら、液体は少量の小瓶に移してジップロックに入れておく必要がある。 22. エマージェンシーシート 価格:900円 夜行バスや待合室は、大体クーラー効きすぎで寒かったりするので、エマージェンシーでなくても使える。何より、普通のブランケットと比較した場合のコンパクトさと軽さがウリ。 23. ナップザック 価格:100円 ちょっとしたスーパーでの買い物や洗濯の時に重宝する。機内で貴重品をまとめておくのにも使える。畳むとタバコの箱くらいまで小さくなるので、持っておいて損はないアイテム。タバコ吸わないけど。 24. 洗濯物干しヒモ 価格:100円 日程が長くなると洗濯をしなければならなくなる。旅先では意外と干すところに困ったりするので、あると便利。 25. 本 電波の届かないところで旅の無聊を慰めるための唯一のアイテム。放浪記的な文庫本を読んで旅をするとなんだかいい気分になれる。地球の歩き方も忘れずに。 以上25アイテム!これであなたも体ひとつでどこへでも行けてしまうバックパッカー! #backpack #backpacker #backpackers #backpacking #travel #travelphoto #instracel #equipment #hokkaido #australia #バックパッカー #旅 #旅行 #一人旅 #装備 #北海道 #オーストラリア #旅人

A post shared by Matsuhashi “TAK” Takuya (@takuya_matz) on

View this post on Instagram

バックパッカー装備紹介シリーズ第3弾。「フットウェア・小物家電編」 12.靴(adidasのスニーカー) 価格:1万以下 とにかく歩くバックパッカーにとって歩きやすい靴は必須。履きなれているくたびれたアディダスのスニーカーです。奮発できれば軽量、防水のトレッキングシューズを買いたかったけど、まあスニーカーでも大丈夫。 13. サンダル 価格:100円 長時間フライトでサンダルに履き替えておくとかなり楽になる。また、ホステルのシャワールームの床はあんまり綺麗でないことが多いので綺麗好きの方はサンダルが必須になる。暖かい地域だとスニーカーの代わりに普段履きしてもいい。クロックスのようなしっかりしたものでもいいが、100均のペラペラサンダルは収納時に有利。 14. モバイルバッテリー 価格:3000円程度 SNSや地図アプリを頻繁に利用するなら持っておきたい。また、スマホを直接コンセントから充電して放置するよりは、一度バッテリーを通してスマホに充電した方が防犯の観点からも良い。僕は2個のバッテリーを常に持ち歩いて移動しています。確か殆どの航空会社でも受託手荷物には入れられないはずなので、注意。 15. カメラ(canon m2) 一眼は嵩張るので、旅の時はミラーレス一眼に22mmの単焦点を付けてもって行ってます。まあ、スマホのカメラがあれば十分だけど、いいカメラで撮ると楽しい。普段はストラップとザックをカラビナで接続して、防犯対策をしています。 16. ヘッドライト 価格:1500円程 野宿時はほぼ必須。ホステルでも、部屋の電気が弱々しかったりと使うタイミングは割と多い。 17. パソコン(dell Inspiron5500) やっぱり情報収集や写真の現像にはパソコンが必要。ホントはMacBook AIRが欲しかったけど、高くないですかアレ。それに、Apple社製品は世界の泥棒さんの的!僕はあえてデルの安いノーパソを選んでるんです!高くて買えないとかじゃないですから! 18. サングラス 日差しの強い地域では必須アイテム。それに、サングラスを掛けるとバカンス気分もアップ。 次回はアメニティシリーズの予定です。多分次で最後。 #backpackers #backpacking #backpacker #travel #travelphoto #instravel #adidas #dell #mammut #oakley #jawbreaker #jins #canon #hokkaido #バックパッカー #旅 #旅行 #一人旅 #オーストラリア #オークリー #アディダス #北海道 #装備

A post shared by Matsuhashi “TAK” Takuya (@takuya_matz) on

View this post on Instagram

バックパッカー装備紹介第2弾 「クロージング編」 8. レインウェア(mammut climate rain suits) 価格:上下35,000円 雨季のある国や降雨量の多い地域では必須。雨の多い英国では役に立った。ゴアテックス製品のレインウェアだと濡れた後もほろうだけで乾くのでとても便利。そこそこデザインのイケてるハードシェルならこれで街を歩いても恥ずかしくない。ただ、これでサヴィルロウを歩いた時は恥ずかしかった。サヴィルロウでドヤ顔がしたいなら、トムフォードのbespokeスーツが必要です。 9. ソフトシェル(mammut granite jacket) 価格:18,000円 体温調節とレインウェアを着るほどでもないくらいの小雨の時に着る。これにレインウェアを重ね着するとそこそこの寒さまで耐えられるので、薄手のジャケットが一枚あるとなにかと便利。もちろんオシャレレベルも考慮したスイスブランド。たたむと小さくなる点もグッド。 10.ボトムス チノパン1着、デニム1着、ハーフパンツ1着。防犯の観点から、デニム以外はポケットにジッパーが付いているものを選んだ。ジッパーはついてないけど、耐久性の高いデニムは旅に最適。オシャレの観点からも重要度の高いアイテム。 11.アンダーウェア類 Tシャツ3枚、パンツ3枚、靴下3足。正直言って消耗品みたいなものなので、ダメになったら現地で買うのが良い。化繊製の速乾性のものが良い。一応襟付きのポロシャツがあるとレストランにも入れたりする。100均の圧縮袋に入れるとパッキングが楽になる。ティッシュボックスはサイズ比較用。SNSにアンダーウェアをアップするのもどうかと思ったので、パンツはTシャツの下に潜り込ませて見えないようにしています🤭 次回はその他アイテム&フットウェア編を予定してます! #backpacking #bsckpacker #backpackers #travel #travelphoto #style #travelingstyle #outdoor #hokkaido #mammut #traveler #旅 #一人旅 #旅行 #バックパッカー #マムート #clothing #服 #コーディネート #北海道 #アウトドア #アウトドアファッション

A post shared by Matsuhashi “TAK” Takuya (@takuya_matz) on

バックパック(マムート クレヨン 35L)

ナップザック(100均)

セキュリティセット(ワイヤーロック、南京錠x2)

ジップロックx3(電子機器用、石鹸用、予備)

洗面具(速乾タオル、シェーバー、歯磨き粉、歯ブラシ)

電子機器類(スマホ充電器、ミラーレス一眼カメラ、スマホ、変換器)

衣服(Tシャツ3枚、パンツ4枚、デニム、チノパンツ、短パン、レインウェア、パーカ)

小物類(カラビナ3個、ボトルホルダー、洗濯物干し紐)

サングラス

貴重品(クレジットカード、現金、パスポート、国際免許証)

バス寝セット(アイマスク、空気で膨らますネックピロー、エマージェンシーシート、サンダル)

ヘッドライト

文庫本

地球の歩き方

全部まとめて一つのバックパックに入れて、合計重量は6kgだった。自転車の重量よりも軽い。よく驚異的な軽装だといわれるが、旅は身軽さが命。必要のないものは本当にもっていかなかった。余談だが、2ヶ月旅をして持っていけばよかったと思ったものは、レストランに行く用の襟付きシャツと、ノートPCくらいだった。ノートPCは結構致命的だった。

準備を終えたら、あとはガイドブックやネットでひたすら情報収集してオーストラリアへの期待を膨らませていた。情報収集では基本的に地球の歩き方、トリップアドバイザー、インスタグラム等のSNSをメインで見ていた。この先何が私を待っているか分からない不安感と高揚感に沈んでいく気分だった。

続きはこちら
【オーストラリアハーフラウンド 1日目 ケアンズ】